ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

ウェブ解析用語「離脱(Exit)」

公開日:2012-12-24

基本的な意味


入口となったページから、他のページをみて、その後にサイトから離脱すること。

追加説明


・直帰とよくまざってしまいやすい。
(離脱率は入り口となったページから、他のページをみて、その後にサイトから離脱すること)

・離脱率が高ければ、直帰率も高くなりやすい。

・離脱率はそのページの性格によって、高いほうが良い場合もあるが、通常、高すぎると改善が必要。

・離脱率が高い場合は、そのページのナビゲーションやページ構成が悪く、次のページに誘導できて
いなかったり、内容がわかりにくい可能性が高い。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webkaiseki.blog.fc2.com/tb.php/99-0022df3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。