ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

ウェブ解析の誤解 効果測定の結果が期待どおりなのに効果が微妙?

公開日:2012-12-23

こんにちは~!

ウェブ解析ツールを導入したら、5つのステップ「NFPDCサイクル」を

まわしてほしいとお話ししました。

(参照:ウェブ解析ツールを導入したら次にやってほしい5つのこと)


今回は、このサイクルの中の「課題をみつける」に問題がある場合の失敗例をご紹介します。


効果測定結果が期待どおりなのに効果が微妙?


事業目標が明確になっていないと、課題はみつからない

みなさんは、自分が推進したい事業の目標を意識していますか?

企業にはそれぞれ目標があります。

そしてその目標を達成するためのツールとして、ホームページが存在します。

会社のホームページに対する考え方や提供しているサービスによって、

ホームページの役割は違います。


・会社の紹介をする(ブランディング)

・サービスを紹介し、販売や資料請求につなげる(販売促進)

・問い合わせをうける(顧客コミュニケーション)



などなど、それこそ企業によって10社10色です!


課題とは、現実と目指すべき企業の目的のギャップのこと

ウェブ解析ツールで現実がわかったとしても、企業の目的やそれによるホームページの

役割がわかっていなければギャップがわからなくても当然です。


いやいや、わかっていますよ、もちろん!

とおっしゃる方もとても多いのですが、

多くの企業が明確なようで曖昧な目的を抱えていたり、

社内共有ができておらず、メンバーによっていうことが違ったりします。

もしそのようなケースがあったら、一度資料に落としてみてください。

文字にしたら、みんな違うことを考えてたってことがなきにしもあらずです。


ではでは~!
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webkaiseki.blog.fc2.com/tb.php/90-20d87e9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。