ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

離脱率が高いページを改善するときに気をつけたい3つのこと

公開日:2012-12-21

こんにちは~!

前回、離脱率が高くてもよい場合と、あまりよくない場合の紹介をしました。

みなさんのサイトの中にも、離脱率が高く、目的の途中で離脱しているページはありましたか?

今回は目的の途中で離脱しているページを改善するときに気をつけたいことをまとめました!


高離脱率ページを改善するときに気をつけたい3つのこと


人の目線を意識する


人の目線は上から下へ、左から右で移動します。

離脱率の高いページは、目線とは無視したところに誘導したいボタンがあったり、

一度下に向かっていった目線を上にまた誘導しなければならなかったりと、複雑な場合が多いんです。

上から下、左から右に流れるように必要な素材を配置しましょう!


余計な導線はいれない


いろいろ見てもらいたいものがあって、

少ない場所にどっさり盛り込んじゃっているページをよく見かけます。

会員登録ページなのに広告をいれちゃったりとか・・・

ソーシャルボタンをいれちゃったりとか・・・

お客さまは会員登録をしたくて来ているので、会員登録しやすくしてあげるのがベスト!

特に、広告は信用できないページに見られてしまう可能性があるので、注意が必要です。


デザインはなるべくシンプルに


目的がはっきりしているページの場合、理解を助けるインフォグラフやイラストはとても

良いのですが、意味のないイラストやデザインは、それによってしなければならない動作を

誤解されてしまう可能性があります。なるべくシンプル!がベストです^^

離脱率が高いページを改善

ではでは~!
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webkaiseki.blog.fc2.com/tb.php/82-e083295b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。