ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

「時間帯別アクセス数」でわかる!お客さまはどんな人?

公開日:2012-12-16

前回、Googleアナリティクスで「時間帯別アクセス数」を調べる方法を学びました^^

ここでちょっと問題!

リアルな店舗の場合、平日の14時~15時ぐらいに来店するお客さまはどんな人が多いでしょうか?

お店の業態にもよりますが、会社員だったら仕事をしている時間だから、

学生かなー、主婦かなー、営業回りの途中の休憩時間かなーとか、いろいろ想像ができます。


ホームページもおんなじです。

あなたのお客さまがどんな人か想像することはとても大事!

どんな人たちなのか仮説を立てて、その人たちに求められているサービスを提供するヒントにしましょう。


練習してみよう!時間帯別アクセス数の読み方


Q.このホームページにくるお客さまはどんな人でしょう?

時間別アクセス数の練習問題1

データをみて気になったところはありましたか?^^ このデータのポイントはこちらです。


1:7時~8時にいったん増えた訪問者数が、9時に減っている。

⇒朝は6~7時ぐらいに起きて、9時から忙しくなる人が多い?

2:12時に訪問者が増えている。

⇒お昼休みはだいたい12時?

3:12時からずっと下降気味だった訪問者が、17時移行増加傾向。

⇒忙しい時間がひと段落?

4:22時にもう一度訪問者が増えている。

⇒自由時間のピークは22時?

これらを総合すると・・・

「お客さまは、BtoBよりもBtoC。普通の会社員がプライベートで訪れたいサイト」

と予想できます。

次回は、会社員以外の一般的な特徴についてお話しますね。

ではでは、今日はこのへんで~!
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webkaiseki.blog.fc2.com/tb.php/76-4de48e8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。