ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

重いページを軽くする具体的な方法とは? ~初級編~

公開日:2012-12-14

コンテンツをたくさん盛り込んで、見た目もきれいに作りこんで、

UIもわかりやすさにこだわって、

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアとも連動!

これでお客さんを迷わせてしまうこともないし、

ちゃんとサイト内の回遊性も高くなっているハズ!!と思ったら・・・


あれれ??

直帰率が90%?? なんでー?

と思ったことはありませんか?(私はありますw)


理由はかんたんで、なんとページが表示されるまでに5秒以上かかっていたのでした。

5秒も表示されてなかったら、めんどくさくなって直帰が増えてもおかしくありませんよね・・・。

こんな時、まず考えるべき具体策をご紹介します。


重いページを軽くする具体的な方法 ~初級編~



イメージを減らす


基本的にはデザインをよくすればするほど、イメージファイルをたくさん使うことになります。

イメージと言われて、ん?なんにも使ってないよーとお思いのアナタ!

背景にイメージが使われていたり、文章の中に混ざっている「・」がイメージでできていたり、

実は・・・イメージがうようよと潜んでいるかもw

使用しているイメージの数を少なくしたり、大きさを小さくすることをおススメします。

すると表示速度が速くなることがあります。


動くものを減らす


Flash(フラッシュ)と呼ばれる絵やプログラムを動かすことができるファイル、

訪問者数をリアルタイムでカウントしてくれるカウンター、

表示するものが変わる広告エリアなど、ページ上で動くものが多い・・・ということはありませんか?

JavaScript(ジャバスクリプト)という動かすための言語やFlashファイルは、

基本的にはおもーいファイルです。

どうしても使いたいものだけ使用して、その他は削除することをおススメします。


1ページの長さを短くする


たまに見かけるのが、とてもとても長いページ。

例えばブログなんかで、1ページに10記事や20記事を続けて表示していたり、

いくつも動画を配置していたり、ちょっとよくばりなページです。(気持ちはすごくわかります!)

こういうページはやっぱり重くなりやすいし、検索サイトでの検索されやすさも劣ってしまいます。

ページの内容を整理して、いくつかのページに分けてみてください。


ではでは~!
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webkaiseki.blog.fc2.com/tb.php/74-c8f0e1f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。