ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

ウェブ改善のお供に最適な整理法!「系統図法」で具体化しよう

公開日:2012-12-08

今日はレポートに使いやすい図法のご紹介!

「系統図法」についてです。

・・・

反応なしw

・・・聞いたことないなーと思った方も多いかもしれません、うん、私も名前はぴんとこないww

でも、名前は知らなくても、無意識のうちに使っているかもしれないのが、この「系統図法」

簡単で、有用なので、資料のテンプレートに入っていることも多く、
ビジネスマンで見たことのない方はいないかも・・・と言えるぐらいメジャーな図法です。

どんな時に使うの?


「系統図法」は、目的達成のための手段や改善のポイントを整理して、

具体的に何をすればよいか明確にしたい時に使います。

頭の中でごちゃごちゃ絡まった目的と手段が、すっきり整理され、

目的達成までの道のりが見えてくるのがこの「系統図法」のいいところです!

見た目はこんな感じです↓
系統図法
使い方


①目的を設定する
まずは、今課題となっていること、達成したいことを一つだけ書きます。

②条件を確認する
「目的を達成するためならなんでもやっていい」という状況の場合は別ですが、
なにかしら条件や制約があることが多いと思います。

使ってはいけない手を最初に確認しておきましょう。
ただし、ここで細かく制限を設けてしまうとなかなか案が出にくくなるので、
数人で考えるときは、最後に確認するのもありです。

③手段を考える
目的を達成するための方法を考えます。具体的でなくてもよいので、
なるべくモレダブりなく網羅できるものにしましょう。

④考えた手段を目的に変換し、新目的を達成する手段を考える
モレダブりない手段が明確になったら、今度はそれを目的として、
その目的を達成する手段を考えます。

前回の手段より少し具体的になったでしょうか?

⑤④を具体的に実行可能なところまで繰り返す。
最初に③で考えた手段より、手段が具体的になったでしょうか?
実行すべきことが明確になりましたか?

明確になったら、とりあえずストップです!

⑥一番下層の手段を実行する。
いかがでしょうか?一番下層の手段なら実行が難しくないはずです。

下層手段は複数あると思いますので、これらの実行により目的が達成できたら
最上層にある目的達成にも影響があるはず!

何から手を付けたらよいか、よくわからなくなってしまったら・・・
ぜひぜひ活用してみてください^^

ではでは~!
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webkaiseki.blog.fc2.com/tb.php/56-c2e227f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。