ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

ウェブ解析とは?

公開日:2012-11-10

「ウェブ解析」といっても、巷にはいろんな類似用語がたくさんあります。

ちょっと挙げただけでも、ウェブ解析、WEB解析、アクセス解析、アクセス分析、ウェブ分析・・・

微妙に意味が違うかも?と迷う用語もあるにはあるのですが、

一般的には「アクセス解析」でひとまとめにされることが多そうです。


媒体によっていろいろな説明の仕方がありますが、

このブログでは、アクセス解析とウェブ解析を同義とし、定義をこのようにまとめたいと思います。

========================
ウェブ解析 (うぇぶかいせき)

アクセスログデータをみることで、

・「ウェブサイト」の特徴や傾向
・「ウェブサイトに来たお客さん」の特徴/興味、行動

を知ることができる分析手段の1つ。

利用方法は、ウェブサイトの現状分析や、顧客分析や、何か施策を行った際の効果測定分析に
使用することが可能で、改善のヒントをつかむことができる。

========================

「アクセス」というのは、お客さんのあしあとに似ています。

お客さんのあしあとが細かく残るので、ウェブ施策は効果が測りやすいと言われています。


例えば・・・街のお菓子屋さんでマーケティング施策を行うとしますよね?

リアルな店舗だけだと、そのお菓子屋さんを訪れたお客さんが、どこから来たのか知りたい場合、

いちいちアンケートを取ったり、直接、聞いてみないとわかりません。


でも、はじめて来た方に、お店に入ってすぐ、

「え~と、とりあえずアンケートを取らせてください!」とお願いしたら、

まず、嫌われますw (こういうオシオシのお店、ニガテです・・・)


こんな時、もしウェブの店舗だったら・・・

なにもしなくても、そのお客さんがどこから来たのかわかってしまうのです。

それも、どこから来たのかだけではなく、

・はじめて来たのか?

・何に興味があって来たのか?

・何と何をみてお店をでたのか?
 

などなど、何も聞かなくても、いろいろなことがわかってしまうのです。

(こうやって書いてみるとなんか新手のストーカーみたいですが、そんなコワいものじゃありませんw)

これが、近年「ウェブ解析」がますます注目されている理由なのです^^

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webkaiseki.blog.fc2.com/tb.php/5-d54e1d22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。