ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

似て非なるウェブ解析指標「直帰数」と「離脱数」の違い

公開日:2012-12-03

直帰数と離脱数は、とても似ています。
名前を聞いてもなんとなく同じような意味に見えてきますw

でもこの違い、実は大きいんです。
直帰数が高い場合と離脱数が高い場合では、ユーザーの動きを全く違う方法で
考えなくてはいけません。

それでは、まずは基本的な説明から!

直帰数は、そのサイトに入って、その1ページしか閲覧しないで他のサイトに移動した数です。

離脱数は、、そのサイトに入って、何ページか閲覧してから他のサイトに移動した数です。

■もうちょっとわかりやすい具体例

もうちょっとわかりやすく具体的な例を挙げてみると、

以下のフローでユーザーが訪問した場合は、直帰数も離脱数も「1」となります。

---
①検索サイトで検索

②あるサイトのトップページを訪問

③検索サイトに戻る(←直帰であり離脱)
---

しかし、以下のフローでユーザーが訪問した場合は、直帰数は「0」で、離脱数は「1」となります。
入口ページとなったトップページから直接サイトを去ったのではなく、
下層ページからサイトを去ったため、直帰とはみなされません。

---
①検索サイトで検索

②あるサイトのトップページを訪問

③トップページから下層ページに移動

④検索サイトに戻る(←離脱)
---

直帰は離脱のうちの一つであると考えるとわかりやすいかもしれません。
そのため、離脱数より直帰数が多いことはありません。
そして、直帰数が多くなれば、離脱数も多くなります。

■直帰数が多いなら・・・

直帰数が多いということは、そのサイト内のページを1ページしかみていないということです。
ということは、そもそもリンク元の情報とそのサイトの内容があっていないことが考えられます。

外部広告や検索サイト内のキーワード、紹介のされ方などと
ページの中身があっているか一度確認する必要があります。


■離脱数が多いなら・・・

同じサイト内の他のページと比べて、ある1ページの離脱数が高かった場合、
そのページには離脱しやすい要素が隠れている可能性があります。

もちろん、そもそも他のサイトに誘導することを目的としている場合は、
離脱数が多くても全然問題はありません。(むしろ少ないほうが問題?)

もし、誘導したいページがサイト内のページであるのに離脱率が高い場合は、
ページ内ナビゲーションやページの内容を見直してみましょう。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webkaiseki.blog.fc2.com/tb.php/46-3c7e341c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。