ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

2つのウェブ解析データの関係がわかっちゃう?「散布図」

公開日:2012-12-01

散布図は、2つのデータの間に関係があるのかどうか知りたい時に、

なんとなく関係がありそうだ・・・と思ってそのままにするのではなく、
ちゃんとデータとして相関関係を見える化できる図法です。

関係があるかないかの判断は簡単です。

縦軸と横軸に2つの要素を対応させ、データをプロットします。

その点が右上がりに分布する傾向にあれば、「正の相関がある」といい、
その2つの要素は関係があると言えます。(=正比例)

また、その点が左上がりに分布する傾向にあれば、「負の相関がある」といい、
その2つの要素は逆の関係があると言えます。(=反比例)

そして、その点の分布に全くルールがないようであれば、
それは「無相関」
といい、その2つの要素は関係がないことがわかるので、
WEB解析で問題点を抽出する際に、使えます。

■作り方
散布図はエクセルで簡単に作れます!

1)まず、2つの要素を含むデータ表を作ります。
今回は、2つの要素を「体重」と「間食カロリー」で作ってみました。

WEB解析レポート_散布図1

2)そのデータ表を選択しながら、メニューの「挿入」内にある「散布図」をクリックします。

WEB解析レポート_散布図3

3)できました!
お好みで整えたら出来上がりです。このデータは点の集まりが右上がりに分布する傾向にあるので、
「正の相関がある」といえそうですね。

WEB解析レポート_散布図2

ウェブ解析レポートの説得力が簡単に増すデータが作れるので、ぜひぜひ試してみてください^^

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webkaiseki.blog.fc2.com/tb.php/39-6d6d445a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。