ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

ウェブ解析レポートに使おう!ロジカルに見える化する「特性要因図」

公開日:2012-11-27

ロジカルに結果と原因を整理したい時、
またその整理した結果を共有したい時にとても有用なのが「特性要因図」です。

考えているだけだとごちゃごちゃしがちなウェブ分析やウェブ解析の話も
実際に図にして描いてみると、すーっとすっきりするのでおススメです。

■書き方
大きな矢印の先に結果を記入します。
その矢印に要因を指していきます。

そして、多くの要因が結果に対してどのような因果関係に待っているかを見える化します。

ウェブ解析レポート_特性要因図

この形が魚の骨に似ていることから魚骨図、フィッシュボーン・チャートと呼ばれる
こともあります。

地味ですが、結構使える見える化方法です^^

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webkaiseki.blog.fc2.com/tb.php/33-2e6f6fe1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。