ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

ウェブ解析の基本指標 「KPI」

公開日:2012-11-16

KPIは、英語でKey Performance Indicatorといい、重要業績評価指標と訳されます。

KPI=重要業績評価指標

平たく言うと、目標を実現するために監視すべき指標のうち、重要なものを言います。

目標にちゃんと近づいているのかチェックする指標なので、

目標とKPIは正比例しなければならず、目標に近づけば近づくほど、KPIは良化するのがふつうです。


KPIは運用中のサイトの性格と目的によって、全く違う内容になります。

極端な例を挙げると、例えば以下の2つのサイトがあるとします。

―――
ショッピングサイト=「サイト自体がコンテンツを持つ場合」

ショップ紹介サイト=「コンテンツを持つサイトに誘導する場合」
 

―――

サイト自体がコンテンツを持つショッピングサイトならば、実際にどれだけ売れているか?が重要です。

その為、KPI候補の一つとして「注文数」があげられる可能性があります。


しかし、コンテンツを持つサイトに誘導することを役割とするサイトならば、

そこに売るべき商品はありません。「注文数」も一つも得られません。

その代り、誘導につながるように、「閲覧数」が多いほうがよいかもしれませんし、

誘導ボタンが限定されるのであれば、その「クリック率」が多いほうがよいかもしれません。


このようにサイトの性格と目的、目的を達成するための手段をよく整理して、

KPIを設定することがとても重要です!

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webkaiseki.blog.fc2.com/tb.php/13-8a38b866
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。