ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

基本のツール① Google Analitics (無料)

公開日:2012-11-15

ウェブ解析士なら、だれもが一度が通る道・・・

それが、Google Analytics(グーグルアナリティクス) による解析です。

そもそもウェブ解析が一般化してきたのは、この高度な解析ツールが無料で公開されたから

ではないかと思うほど、有名で、有用な、無料ツールです。

ウェブ解析がしたいけど、高価なツールを使いこなせるか不安・・・

とお思いの方は、迷わずこちらから始めましょう!

Google Analytics(グーグルアナリティクス)はコチラから>

---
◆特徴
---
Google Analytics(グーグルアナリティクス)は、「タグ埋め込み型」の解析ツールで、

一般的には「ウェブビーコン型」と言われます。

これは、無料登録すると発行できる「トラッキングコード」を埋め込むだけで解析できるスグレモノです。

おまけに解析できるサイトは1サイトだけでなく、複数のサイトで可能です。

---
◆解析するためにやること
---
やることは4つです。

①無料会員登録
⇒登録は無料でとても簡単です。

②トラッキングコードの発行
⇒サイトの内容を登録して、トラッキングコードを発行してください。

③トラッキングコードの貼り付け
⇒解析したいすべてのページの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
タグの前にトラッキングコードを貼り付けます。

④自分のアクセスの排除
⇒正確な計測のために、自分のアクセスは排除しましょう。 詳しい方法はコチラ>

---
◆解析できること
---
「解析タグ」を埋め込むだけで以下のようにいろいろなことがわかります。

すべて、解析したい期間を区切ってデータを出すことができるので、施策前後の効果測定もできます。

・訪問数
・ユーザー数
・ページビュー数
・滞在時間
・直帰率
・新規ユーザーとリピーターの割合

・訪問者がサイトに訪れる前にいたページ
・訪問者が最初に開いた入口ページ
・訪問者が最後に開いた出口ページ
・検索サイトからきた訪問者の検索キーワード

・よく見られているページ、見られていないページ
・よくクリックされるボタン、されないボタン・・・


などなど、他にもそれぞれを組み合わせて、グラフ化することもできます。

これがぜ~んぶ無料!これは使わないと損です^^
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webkaiseki.blog.fc2.com/tb.php/11-bacf94b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。