ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

ウェブ解析用語「URLパラメーター(url parameter)」

公開日:2012-12-26

基本的な意味


URLにつけた文字列のこと。
文字列をつけても、文字列が付いていないURLと同じリンク先に飛ばすことができる。

文字列がつくことによって、通常のURLと区別ができるため、
リファラ(リンク元)を取得することができる。

追加説明


・特定のページから来た人の数を知りたい時に、URLパラメーターを利用すると計測できる。

・普通はメーラーなどからリファラを取得することはできないが、メルマガ内のリンク先URLに
URLパラメーターをつけると、クリック数を計測することができる。

・トラッキングパラメーターともいう。

・Googleウェブマスターツールの中にURLパラメーターを作る機能がある。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webkaiseki.blog.fc2.com/tb.php/105-a83b15d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。