ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

ウェブサイトを作成するときに考えるべき7つのこと(5W2H)

公開日:2013-01-07

5W2H
ウェブサイト、ホームページを作りたい!と思ったら、まず何をしますか?

ウェブサイトを作ったことがない人がよくやりがちなのが、

いきなりウェブサイトの紹介文やタイトル、トップページのイメージを作ることです。

それもウェブサイトを作るモチベーションが上がってよいかもしれませんが、

それと同時に、作りたいウェブサイトの方向性をまとめておくことが必要です。


方向性のまとめ方 「5W2H」とは?


方向性をまとめる時に使いやすいフレームワーク「5W2H」をご紹介します。

「5W2H」とは、「Who、When、Where、What、How、Why、How much」のそれぞれの頭文字をとったもので、

ビジネスの現場や文書作成の現場などで、情報を分類して、ヌケやモレをなくし、

目標に到達しやすくする方向性を示すために使用される手法です。

この「5W2H」、ニーズや利用状況を整理するをウェブサイトを作るときにも有効なんです。

ウェブサイト版「ウェブ5W2H」とは?


ウェブサイトを作る前に、以下の7つの項目を一度まとめて、

自分が作りたいウェブサイトに関するニーズ、利用シーンを想像してみましょう。

これを最初に考えておくと、自分が作りたいウェブサイト像がはっきりして、

どんな記事を書いたらよいのか?、どんなデザインにするべきなのか?などなど

ぼんやりと見えてくるはずです^^

◆ウェブサイト版「5W2H」 ウェブサイトの利用シーン
5w2h_2.png

ではでは~!
スポンサーサイト

ブログ内の回遊性UP! 「関連記事」を表示しよう!

公開日:2012-12-09

この週末は少し時間ができたので、この「ウェブ解析プラス」ブログをちょこちょこ手直ししてました。

久しぶりに1からブログを立ち上げてみているのですが、本当に使いやすくなったなぁ・・・。

昔はHTMLと言われるホームページを表示するための暗号?をがんがんいじる必要があったのですが、

今回は結構楽してます^^

今回はブログについてのお話です。


ページビューを増やしたければ、回遊性を上げるべし


ブログを立ち上げて間もなくは、ページビューや訪問者数を目安にどのくらい人が来てくれている

か確認することになると思うのですが、1人あたりのページビューもちょこっと確認してみてください。

もしかしたら、1ページだけみて去ってしまっている人が多く、がっかりするかもしれません・・・w


一般的にブログは、短くて日ごと更新される記事の集まりでできているので、

普通のウェブサイトに比べて「1人あたりのページビュー」や「直帰率」が多いのが普通です。


でも、その1つの記事を見た時に、他の過去記事へのリンクがあれば、

もしかしたら1ページ以上みてもらえるきっかけになるかもしれませんよね。

その時に使えるのが「関連記事」の表示です。

「関連記事」=同カテゴリ内の記事・・・が一般的です。

このブログでいうと・・・この部分です。↓

ブログ内の回遊性UP! 「関連記事」を表示しよう!3

1記事1記事に似ている記事へのリンクを手動で追加するのがもちろん一番良いのですが、

全記事分の調整が必要となるので、ちょっとかかる手間がハンパないですよね?

そんな時、たとえばこのFC2ブログでは自動で追加できる方法があるので、ご紹介します。

追加方法


①ブログの管理画面のメニューから「ブログの設定」内の「記事の設定」を選びます。

ブログ内の回遊性UP! 「関連記事」を表示しよう!1


②関連記事リストの表示場所、表示方法、表示件数、日付表示をお好みの形に修正します。

ブログ内の回遊性UP! 「関連記事」を表示しよう!2

③下の更新ボタンをクリックしたら完了です!以下のような関連記事が表示されます。

自分が管理しているブログの回遊性を高めたい場合はぜひご活用でくださいね!

マナカ

ウェブ改善のお供に最適な整理法!「系統図法」で具体化しよう

公開日:2012-12-08

今日はレポートに使いやすい図法のご紹介!

「系統図法」についてです。

・・・

反応なしw

・・・聞いたことないなーと思った方も多いかもしれません、うん、私も名前はぴんとこないww

でも、名前は知らなくても、無意識のうちに使っているかもしれないのが、この「系統図法」

簡単で、有用なので、資料のテンプレートに入っていることも多く、
ビジネスマンで見たことのない方はいないかも・・・と言えるぐらいメジャーな図法です。

どんな時に使うの?


「系統図法」は、目的達成のための手段や改善のポイントを整理して、

具体的に何をすればよいか明確にしたい時に使います。

頭の中でごちゃごちゃ絡まった目的と手段が、すっきり整理され、

目的達成までの道のりが見えてくるのがこの「系統図法」のいいところです!

見た目はこんな感じです↓
系統図法
使い方


①目的を設定する
まずは、今課題となっていること、達成したいことを一つだけ書きます。

②条件を確認する
「目的を達成するためならなんでもやっていい」という状況の場合は別ですが、
なにかしら条件や制約があることが多いと思います。

使ってはいけない手を最初に確認しておきましょう。
ただし、ここで細かく制限を設けてしまうとなかなか案が出にくくなるので、
数人で考えるときは、最後に確認するのもありです。

③手段を考える
目的を達成するための方法を考えます。具体的でなくてもよいので、
なるべくモレダブりなく網羅できるものにしましょう。

④考えた手段を目的に変換し、新目的を達成する手段を考える
モレダブりない手段が明確になったら、今度はそれを目的として、
その目的を達成する手段を考えます。

前回の手段より少し具体的になったでしょうか?

⑤④を具体的に実行可能なところまで繰り返す。
最初に③で考えた手段より、手段が具体的になったでしょうか?
実行すべきことが明確になりましたか?

明確になったら、とりあえずストップです!

⑥一番下層の手段を実行する。
いかがでしょうか?一番下層の手段なら実行が難しくないはずです。

下層手段は複数あると思いますので、これらの実行により目的が達成できたら
最上層にある目的達成にも影響があるはず!

何から手を付けたらよいか、よくわからなくなってしまったら・・・
ぜひぜひ活用してみてください^^

ではでは~!

ウェブ改善のPDCAサイクルを回す3つのコツとは?

公開日:2012-12-06

ホームページを改善しよう!と思ったら、まず何からはじめますか?

いつもやっている人ならまだしも、はじめて改善する場合は、
最初になにからはじめたらいいかを考えることに時間がかかりますよね。

そんな時に使えるフレームワーク、「PDCAサイクル」をご紹介します!

「PDCAサイクル」はウェブ改善だけのフレームワークではなく、
事業活動全般の管理業務を円滑に進めるための順番をP、D、C、Aの頭文字で表しています。

まずは、それぞれの意味から確認しましょう。

―――――
Plan:計画
目標を設定し、具体的な計画を立てる。

Do:行動
計画通りに行動する。

Check:確認
実行内容を振り返り、成果を測定・評価する。

Action:改善
反省点を踏まえて、改善する。
―――――

この4段階が終わったら、またPlanに戻って、次の目標を設定します。

このPDCAサイクルに合わせて、少しずつ少しずつ前に進むのです。


■PDCAサイクルは「失敗から学ぶ」ことを肯定した改善法

いきなり高い目標を立てると、なんとなく目標に近づけそうなことをしてみて、失敗。
そして、それは失敗でした。ムリでしたね。おわり。

・・・となりがちです。

PDCAサイクルを回すことを意識すると、このようなことは一切なくなります。


PDCAサイクルは失敗することがしっかりとフローの中に入っていて、
反省をして、その失敗から学び、次につなげる方法です。

失敗して当たり前、むしろ失敗しないと次のフローが閉ざされてしまうのです。


少し前に話題になりましたマーケティング2.0ではないですが、
今はもうイイモノが売れるとは限らない、イイ方法が成功するとは限らない、難しい時代!

この時代に遠い目標を立てても、日々の荒波にのまれてしまうのが関の山ですw

一歩一歩着実に!目標を見失わずに進みましょう。

■PDCAサイクルを上手に回す3つのコツ

PDCAサイクルを回したほうが良いというのはわかっているのだけど
あんまりうまく運用できません・・・という話をよく聞きます。

難しいことではないのですが、PDCAサイクルを回すには、ちょっとしたコツがあります。

コツ1:PDCAサイクルを回しながら改善するんだということを関係者全員に共有すること!
関係者全員とこれから始まる改善のPDCAサイクルを共有してください。

ひとりでも失敗することを恐れたり、失敗はだめだと誤解しているとうまく回らなくなります。

失敗がキライな人がたまにいます。その人にも失敗から学ぶということを理解してもらいましょう。

コツ2:最初に効果測定のポイントと明確な測定法を計画しておくこと!
効果測定した時に、もし曖昧な結果になってしまったらどうでしょう。

その先の改善点や反省点もすべて曖昧になってしまいます。

効果測定が明確にできるようにあらかじめ計画しておきましょう♪

コツ3:計画や結果はすべて書面に残すこと!
何回かPDCAサイクルを回していると、最終的な目的がどこにあるのかわかりにくくなってしまったり、

忘れてしまったり、関係者の意識がばらばらになってしまうことがあります。

会議等で話し合った反省点や改善点、みんなで決めたことは必ず書面に残し、確実に前にすすめるようにしましょう。

さあ、これであなたもウェブ改善のプロです!ぜひぜひ、ご活用ください^^

2つのウェブ解析データの関係がわかっちゃう?「散布図」

公開日:2012-12-01

散布図は、2つのデータの間に関係があるのかどうか知りたい時に、

なんとなく関係がありそうだ・・・と思ってそのままにするのではなく、
ちゃんとデータとして相関関係を見える化できる図法です。

関係があるかないかの判断は簡単です。

縦軸と横軸に2つの要素を対応させ、データをプロットします。

その点が右上がりに分布する傾向にあれば、「正の相関がある」といい、
その2つの要素は関係があると言えます。(=正比例)

また、その点が左上がりに分布する傾向にあれば、「負の相関がある」といい、
その2つの要素は逆の関係があると言えます。(=反比例)

そして、その点の分布に全くルールがないようであれば、
それは「無相関」
といい、その2つの要素は関係がないことがわかるので、
WEB解析で問題点を抽出する際に、使えます。

■作り方
散布図はエクセルで簡単に作れます!

1)まず、2つの要素を含むデータ表を作ります。
今回は、2つの要素を「体重」と「間食カロリー」で作ってみました。

WEB解析レポート_散布図1

2)そのデータ表を選択しながら、メニューの「挿入」内にある「散布図」をクリックします。

WEB解析レポート_散布図3

3)できました!
お好みで整えたら出来上がりです。このデータは点の集まりが右上がりに分布する傾向にあるので、
「正の相関がある」といえそうですね。

WEB解析レポート_散布図2

ウェブ解析レポートの説得力が簡単に増すデータが作れるので、ぜひぜひ試してみてください^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。