ウェブ解析プラス

CRM(顧客関係管理)を目的とした、KPI設計、アクセス解析、データ分析、ウェブプランニングを行い、顧客満足度の向上、業績アップを目指しています。

ウェブの方向性がちょっと見えてくる?!「PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)」

公開日:2012-11-28

複数の製品を持っている企業が、どの製品に資源を使うか決める際に使うフレームワークが
PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)です。

どんな製品でも、寿命があります。
そして、その製品の発展サイクルがあります。
どんなに大きな広告費をかけて宣伝しても、あまり意味がない時期とすごく効果が高まる時期があります。

戦略的に効率的な製品の組み合わせや、資源の配分を確認することができるのが
このPPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)です。

■PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)って?
縦軸に市場成長率、横軸に相対マーケットシェアをとって、製品を4つのタイプに分類します。

WEB解析レポート_プロダクトポートフォリオマネジメント

■理想的な移動は・・・
問題児⇒花形⇒金のなる木に移っていくのが理想です。
問題児や花形から負け犬にならないように平均成長率を維持することが重要になります。

■理想の形は・・・
負け犬以外の、問題児、花形、金のなる木の3つをバランスよく持っていることが、
将来も含めて安定的に成長できる企業のPPMの形です。

企業の進むべき方向性等が明確でない時は、おススメのフレームワークです。
向かうべき方向が見えたら、ウェブでやることも見えてきますよね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。